【Slack, API】slack-cleanerでSlackのメッセージを一括削除/特定の日付以前を一括削除する

16 / 09 / 2018
Category: API, FRONTEND, GIT
Tags: | |

どうもー、ドイツでフリーランスのフロントエンドエンジニアをしています、Arisaです。

さて、最近は技術系記事にはまっていまして、お仕事で取り組んだSlack APIの内容です。

 

実は以前、Slackで古いチャット自動お掃除botを作成したのですが、(その時の記事はこちら)チャット数の多いコミュニティのSlackでは、機能の稼働時間が5分以上となってしまい、タイムアウトするという5分の壁にぶち当たっていました。

 

チャット数の少ないコミュニティなら使えるというのでは、現実世界のアクティブなコミュニティでは使い物にならないですね。

これを回避するGASのスクリプトを書くこともできますが、近日中に改善する必要があったので、スクリプトのデバッグよりも時短で、確実にさっと実装できるものを探していました。

 

ということで、同じAPIを使って、コマンドラインとslack-cleanerで、指定した日にちよりも以前のチャットを一括削除することで対応をした、という備忘録 & チュートリアルです。

 

おまけで、コマンドラインからAPIを利用してチャットをポストするカスタマイズも書いていますので、参考になれば嬉しいです。

(さらに…)

【WordPress, SSL化】EC2で立てたWordPressをLet’s EncryptでSSL化してみた

9 / 09 / 2018
Category: AWS, FRONTEND, GIT, WordPress
Tags: | | |

どうもー、ドイツでフリーランスのフロントエンドエンジニアをしています、Arisaです。

この3ヶ月は、1ヶ月の長期休暇で旅行も兼ねた一時帰国をしていたり、お仕事の依頼がありがたいことに増えたり、何かと忙しくしていて、ブログを全く書く時間が確保できずにいました。

 

長期休暇中は、ON/OFFをはっきりさせる練習のため、完全オフということで、全く1ヶ月間、エンジニアになってからの1年半で初めてコードを書かない期間をあえて作る実験(どんな実験 笑)もしていました。

案外1ヶ月やそこらでは忘れないものですね。

でもやっぱりコードが書ける方が落ち着くことも再確認できた面白い休暇でした。

 

さて、今回の記事の本題ですが、AWSのEC2で立てたWordPress(Bitnami)を、Let’s Encryptと言う無料のサービスを使ってSSL化をするのが今回のチュートリアルです。

SSL化は、最近でもGoogleがSSL化されていないサイトのSEO評価を下げる、とアナウンスをしましたね。

オンライン決済などを行うサイトではSSL化は情報の安全性のためにも必須化されています。

私も先日、つい最近海外在住者の売上振込をできないようにしたBASEと言うサービスをWordPressテーマ販売に使用していたのですが、使うメリットがなくなったので、自分のこのブログ上での販売準備の一環でSSL化をするに至ったわけなのです。

 

ついでに、古いhttpを含むURLでアクセスされても、強制でSSL化されたURLにリダイレクトをさせる設定と、SSL証明書の90日間の有効期限も自動更新する設定もしちゃいましょうということで、トラブルシューティングも含めたボリュームのある内容になります。

うまくいかない、こんなエラーが出たと言う時にも役立ててもらえる記事になれば嬉しいです。

(さらに…)

【React.js, Node.js, n】node v9.11.1にアップデートでnode-sass非対応エラーが出たら、nを使うのが便利!

15 / 04 / 2018
Category: FRONTEND, GIT, Node.js, React.js, Sass
Tags: | | | |

どうもー、ドイツでフリーランスのフロントエンドエンジニアをしています、Arisaです。

ようやくドイツにも春がここ数日で訪れて、ジャーマンたちはこぞってまだノースリーブは寒いのに、超夏服で「若いなー」と眺めております 笑

 

さて、今私はとあるお仕事でReact.jsを使ったWordPressテーマを開発しています。

Create React Appを使えば、それこそ30秒もかからずにReactのアプリがすでに開発できる環境構築がローカル環境に構築できますし、まず今私たちがしている環境構築って、ブラウザがES6に対応して、Bableとかがそこまでいらなくなったら今みたいな難しいことしなくてよくなるのでは?とも思ってます。

 

が、やっぱりちゃんと構造を100%理解して書き続けたいという思いもあって、取り組んでいるプロジェクトでは、あえてCreate React Appは使わずに構築しています。

そんな中、少し前(4ヶ月前くらいですが)に構築した環境を使用したのでNode.jsのバージョンが原因で、いつもwarningがbuildするたびに出てくるのが目障りだったので、最新のv9.11.1をインストールしたんです。

 

が、node v9.11.1にアップデートしたのが原因で、取り組んでいるプロジェクトのnode-sassに対応してないとターミナルで怒られました。

結果、もっと目障りな警告が増えたので意味ない 笑

nodeをダウングレードしようと色々試しましたが、英語ソースではあまり出てこなかった n で対応したら超スムーズにダウングレードできた上に、Gitからcloneするか、npmでパッケージインストールするかで簡単にnodeのバージョン管理ができるライブラリなので、新たにHomebrewとかインストールする必要もなくおすすめという記事、兼すぐ忘れるのでメモ書きしておきます。

(さらに…)

【WordPress, AWS】ブログ右下に出るBitnamiのロゴを綺麗に消し去る方法

9 / 03 / 2018
Category: AWS, FRONTEND, GIT, WordPress
Tags: | | |

どうもー、ドイツでフリーランスのフロントエンドエンジニアをしています、Arisa です。

さて、このブログはAWSのEC2でインスタンスを立ててWordPressを稼働させています。

びっくりするぐらい簡単にWordPressとクラウドサーバが同時に手に入っちゃうので、AWSのEC2でWordPress取得はおすすめです。

 

過去記事にもAWSでWordPress取得方法のチュートリアル記事書いてるので、参考にどうぞ。

→ 【超簡単!】AWS EC2で独自ドメインのWordPressサイト取得方法

 

さて、WordPressもさくっと取得できたし、テーマもお気に入りのものを有効化してデザインもカスタマイズしたし、どんどん記事書くぞーというところに、いつまで経っても消えない画面右下のBitnamiロゴ。

 

可愛く見せようとチラ見風なデザインで右下の端っこに遠慮気味にいらっしゃいますが、それでもめっちゃ気になる…!
というかBitnamiロゴクリックしたらdefaultのユーザーIDがページに表示されてるやん…!!

消し方見て試したけど、いまいちAWSのマニュアルって親切じゃなくてうまくいかないんですけど…!

誰か…

 

と、思われている方のための記事です(大げさ)

というか私もすごく簡単だったのに、くだらないことでつまづいていたのでメモとして残しておきます←

(さらに…)

【WordPress, Atom】Atomのインストール、カスタマイズ方法

8 / 12 / 2017
Category: FRONTEND
Tags: | |

こんにちは、フリーランスのフロントエンドエンジニアの Arisa (Schabibi) です。

今回は便利なMacテキストエディタのAtomをインストールする方法です。

 

WordPressでもローカルに開発したい時には、必ずテキストエディタが必要になってきます。

そんな時、MacユーザーであればAtomがとてもおすすめです!

Githubが運営元ということもあって、エンジニアからも信頼性のとても高い開発元のため、最近人気が急上昇しているテキストエディタです。

 

プログラミングをこれから勉強したい、WordPressをローカルで開発したいといった場合に手軽にインストールできる高機能のAtomはぜひおすすめしたいテキストエディタです。

では、インストール方法を詳しく見ていきましょう!

 

(さらに…)