【Slack, API】slack-cleanerでSlackのメッセージを一括削除/特定の日付以前を一括削除する

16 / 09 / 2018
Category: API, FRONTEND, GIT
Tags: | |

どうもー、ドイツでフリーランスのフロントエンドエンジニアをしています、Arisaです。

さて、最近は技術系記事にはまっていまして、お仕事で取り組んだSlack APIの内容です。

 

実は以前、Slackで古いチャット自動お掃除botを作成したのですが、(その時の記事はこちら)チャット数の多いコミュニティのSlackでは、機能の稼働時間が5分以上となってしまい、タイムアウトするという5分の壁にぶち当たっていました。

 

チャット数の少ないコミュニティなら使えるというのでは、現実世界のアクティブなコミュニティでは使い物にならないですね。

これを回避するGASのスクリプトを書くこともできますが、近日中に改善する必要があったので、スクリプトのデバッグよりも時短で、確実にさっと実装できるものを探していました。

 

ということで、同じAPIを使って、コマンドラインとslack-cleanerで、指定した日にちよりも以前のチャットを一括削除することで対応をした、という備忘録 & チュートリアルです。

 

おまけで、コマンドラインからAPIを利用してチャットをポストするカスタマイズも書いていますので、参考になれば嬉しいです。

(さらに…)

【WordPress, SSL化】EC2で立てたWordPressをLet’s EncryptでSSL化してみた

9 / 09 / 2018
Category: AWS, FRONTEND, GIT, WordPress
Tags: | | |

どうもー、ドイツでフリーランスのフロントエンドエンジニアをしています、Arisaです。

この3ヶ月は、1ヶ月の長期休暇で旅行も兼ねた一時帰国をしていたり、お仕事の依頼がありがたいことに増えたり、何かと忙しくしていて、ブログを全く書く時間が確保できずにいました。

 

長期休暇中は、ON/OFFをはっきりさせる練習のため、完全オフということで、全く1ヶ月間、エンジニアになってからの1年半で初めてコードを書かない期間をあえて作る実験(どんな実験 笑)もしていました。

案外1ヶ月やそこらでは忘れないものですね。

でもやっぱりコードが書ける方が落ち着くことも再確認できた面白い休暇でした。

 

さて、今回の記事の本題ですが、AWSのEC2で立てたWordPress(Bitnami)を、Let’s Encryptと言う無料のサービスを使ってSSL化をするのが今回のチュートリアルです。

SSL化は、最近でもGoogleがSSL化されていないサイトのSEO評価を下げる、とアナウンスをしましたね。

オンライン決済などを行うサイトではSSL化は情報の安全性のためにも必須化されています。

私も先日、つい最近海外在住者の売上振込をできないようにしたBASEと言うサービスをWordPressテーマ販売に使用していたのですが、使うメリットがなくなったので、自分のこのブログ上での販売準備の一環でSSL化をするに至ったわけなのです。

 

ついでに、古いhttpを含むURLでアクセスされても、強制でSSL化されたURLにリダイレクトをさせる設定と、SSL証明書の90日間の有効期限も自動更新する設定もしちゃいましょうということで、トラブルシューティングも含めたボリュームのある内容になります。

うまくいかない、こんなエラーが出たと言う時にも役立ててもらえる記事になれば嬉しいです。

(さらに…)

【GAS, JavaScript, Slack API】古いポストから一定期間が過ぎたら自動削除するbotはGASが超簡単!

13 / 06 / 2018
Category: FRONTEND, GAS, JavaScript
Tags: | |

どうもー、ドイツでフリーランスのフロントエンドエンジニアをしています Arisa です。

ワーホリビザはとっくに切れ、仮ビザでフリーランスビザ申請待ちを見事に喰らいましたが、普通に仕事していいよとのことなので、変わらずドイツで過ごしています。

詳細はもう少し申請が進んでからまた書こうと思っています。(御察しの通り長くなるので 笑)

 

今日はSlackに一定期間が過ぎたら古いポストから順に自動で消すボットを作成して導入したときの備忘録です。

Slackの無料枠って、意外と100人以上の規模の活発な組織で使用すると8ヶ月ほどで上限を超えそうになるようで、無料枠に抑え続けるための秘策といえば、自動投稿削除ボット。

私が普段関わっているオンラインサロン、wasabiの海外フリーランス養成スクールの運営者であるwasabiさん( @wasabi_nomadik)が、サロンで使用しているSlackが無料枠上限に達しそうということで、担当させていただいたのが実はきっかけなんです。

 

GAS(Google App Script)やSlack API、JavaScript、ボット搭載に興味がある人向けの記事です。

吐き出されたエラーやハマったポイントも含んでます。

 

GASをJavaScriptで書くことができるのは今まで知らなかったので、なんでこんな便利な技術を知らなかったんだろうと思ったぐらい、目からウロコ情報でした!

JavaScriptで書くといってもそこまで難しいものではなく、for文、for each、do while、if文、ちょっとした比較演算子やANDが書ければ、あとはスプレッドシートにアクセスする関数と組み合わせればOKという感じです。

(さらに…)

【Sass, npm】Sassの-vや–watchが無効?関数宣言エラーが消えない?Sassトラブル徹底解説!

15 / 05 / 2018
Category: CSS, FRONTEND, Sass
Tags: | |

どうもー、ドイツでフリーランスののフロントエンドエンジニアをしています、Arisaです。

先日もっさりと重たくなった6年も一緒のMacBook Proを俊敏にすべく、SSDに取り替え、メモリ増設もしたのですが、バックアップにどうやらSassパッケージが抜け漏れていた様子。

 

まあパッケージなのですぐインストールすればなんてことないので、インストールをSassのサイトでさくっと済ませて仕事に取り掛かるかと思いきや、怪奇現象に陥ったので、抜け出すためのメモ書きを残しておきます。

 

ついでに、最近遭遇したvariablesにミスはないのに関数宣言エラーが消えないトラブルの解説もSassトラブルシューティング記事として含めておきます。

 

この記事はSassを使ったことがあることを前提に書いているので、詳しい内容はSassのサイトか、他のソースをご覧ください。

(さらに…)

【Mac, SSD, TRIM設定】MacBook Pro Mid 2012 13インチ、SSD交換後のTRIM設定はtrimforceコマンドが無料で簡単!

23 / 04 / 2018
Category: FRONTEND
Tags: |

どうもー、ドイツでフリーランスのフロントエンドエンジニアをしています、Arisaです。

実はつい先日、2012年から6年愛用しているMacBook Proが、仕事に支障をきたすほど、かなりもっさりと動きが重くなっていたので、SSD交換 & メモリー増設の解体手術をしました。(←大げさ)

結果を先に言うと、超超超爆速になって、今までとまるで違う人格の愛用Macに戸惑っています 笑

 

結構たくさんの人がMacを解体してSSDに取り替えるチュートリアルを書いていて、メモリー増設も従来の8GBと言わず、16GB(*Apple公式サイトでは8GBまでです)に増設するチュートリアルもたくさん見かけます。

今やMacを爆速化すること、メモリー増設は自分でできるほど簡単にできるものとして、密かにパソコン買い換えはしたくないけど、遅い & 容量が減ったパソコンに悩む人の間でブームになっています。

すでにとてもたくさんのYoutubeやチュートリアル記事があるので、ここではSSD交換方法とメモリー増設方法は省略しますが、実は、多くのチュートリアル記事でよく紹介されているTrim EnablerというアプリでのTRIM設定ONが、2018年4月時点では無料版でONにできないのです。

 

今回はSSD交換後 & メモリー増設後のMac設定に欠かせないTRIMの設定を、無料で簡単にONにできる便利な方法を紹介します。

 

(さらに…)