【ドイツ、ビザ】フリーランスビザ取得できました!

23 / 11 / 2018
Category: FREELANCE, GERMANY, VISA
Tags: | |

どうもー、ドイツでフリーランスのエンジニアをしています、Arisaです。

ビザでまさかの展開が、ドイツ人もあまり知らない街に住んでいて起こりました…!

申請を本格的に開始した9ヶ月前の今年2018年3月からビザについて進行状況も何も進んでいるのかわからない状況だったので、書きようがなかったのですが、タイトルを見ての通り、なんと

フリーランスビザ が取得できることになりました!(°_°)

厳密にお伝えすると、まだビザ自体は手元にはないのですが、その間の仮ビザを来週取りに行き、12月中旬に指紋をスキャンしたりといったビザ発行の諸々の手続きのアポが取れています。

実際にアポの前にAOKなどの法廷健康保険に入って保険カードを見せないとダメと言われているのがちょっと緊張ですが。

(保険のカードが届くのに、手続きの遅いドイツで2、3週間で間に合うのかという心配)

報告程度ですが、なぜ私が今回ビザが承認されたかについて、ベルリン以外、かつ、主要都市以外での申請になるので、さくっとまとめます。

(※ あくまでも州や街の役所の判断による内容で、引用元やここでの情報があるからといって、確実に私の情報が確かである証拠はないので、参考程度で読んでいただければ幸いです。
なお、当記事に関してのご質問やコンサルティングは引き受け兼ねます。)

Contents

フリーランスビザが出た理由

この時点でフリーランスビザ 以外の変なビザの発行じゃないことを願いますが 笑

繰り返しフリーランスビザと言っていたので、簡単に理由だけまとめます。

理由1: 月収額と週の業務時間と日数

まず初めて書類を提出しに言った時には

「ベルリンで提出義務になっている書類に従ってください」

と言われたので、月収額と週の業務時間と業務日数の一覧なんかはベルリンの必要提出書類になかったので(2018年3月当時)提出しませんでした。

これは数ヶ月経って労働局からの返事はどう?と催促をした時に、役所が提出を労働局から求められたと言われたからです。

さくっと結論だけここで書きましたが、この時が一番はらわたが煮えくり返っていたのです。

なぜか?

労働局から「収入額などの書類が提出されていないので、今回はケースをクローズ = 却下します。月収額と週の業務時間、業務日数を含めて再提出してくれたらケースを開いて審査します」という返事を、役所が

「ビザの申請却下だってさ^^☀️」

と、何をどう考えたら必須な理由の方をそぎ落として伝えるのか全く訳のわからない内容を返事として返してきたので、問い詰めました。

これ、一時帰国前日の出来事 笑
そして私はクライアントからの請求書を全て提出しているので、役所が紛失したことになります。

役所が労働局から伝えられた内容を覚えていなくて適当に覚えていた結論だけ伝えるということが判明。

労働局に私とパートナーが連絡をして上記の返事を確認し、正式な却下理由を伝え、「弁護士雇って法的にお前ら訴えるからな^^💢」と、日本に一時帰国中でしたがSkypeでトドメを刺しました。

嘘ではなく本気で弁護士に依頼する予定で、支払額の目安も含め相談もしていました。
(訴えるならこのケースは5,000EUR〜。理不尽に急な退去を宣告された場合に2週間〜4ヶ月間滞在する権利がこの場合はあることを利用したビザの発行手続きは400〜500 EURとかでした。)

事実を伝えただけですが、急に「上記不足分書類を一時帰国後に提出してくれたら労働局に送付します、仮ビザも更新します」と素直になりました。

書式を聞いたらなんでも良いとのことなので、Google Spread Sheetのエクセルでドイツ滞在時に収入が発生した月から記入をし、ちょっとだけ色分けを項目ごとにして、何の書類かわかりやすいように書類のタイトルを添えました。

それから待たされている間に発生した請求書の追加と紛失された今までの請求書も合わせて渡しました。

今度はきちんと渡せと念を押しましたが、その後にもこちらが電話するまで労働局に書類送付しなかったり、仮ビザ更新のことを忘れられていたり、アホなことは書いたらきりがないですが、ざっくり1つ目の理由はそんな感じです。

この書類があったからまた申請できました。

ちなみにStuttgartの労働局に問い合わせていたようですが、こちらの労働局の方はとてもレスポンスが1週間以内とかなり早く、素晴らしかったです。

理由2: エンジニアの職業名に加えて、講師(プログラミング)としたのが鍵

フリーランスビザは出るのですが、労働局からの返事はyesではありません。
でもnoでもないのです。
労働局からの返事を、役所からは以下のように聞きました。

「あなたの経済力で生活できるかどうかに関して、労働局はstatement(声明?)して断言することはしたくないため、フリーランスビザ が下りるかどうかという質問に関してはyesでもnoでもありません。」

そのあとに役所の担当者が、その役所の責任者ということなので以下のように付け加えました。

「上記の返事だったので、とりあえず1年私の方でフリーランスビザを出して、収入額を下げないように様子を見るということで決定します。」

今までずっと「最終的な決断は役所の責任者、つまり労働局ではなくあなたがしなければいけないんですよ」と言い続けて来て、9ヶ月経ってようやく決断を下してくれました。

でも、これ、また以前のように「yesでもnoでもない」を却下と勝手な解釈をされていたらビザは出てなかったってことも可能性的には同じくらいあったのです 笑

弁護士出すぞとまた言えばいいこと、とこちらの切り札を経験上知っていたからかもしれませんが、この決断に至ったのは偶然な気もめちゃくちゃします…

前置きが長くなりましたが、実は申請した職業名が労働局がNOと言わなかった理由の中で影響が大きい項目ではないかと、結論や理由を言われていないので定かではないですが思っています。

というのも、フリーランスビザを取得できる資格のある者として、公に規定として書かれているカテゴリーの中に、エンジニアは自分で会社などを運営していない限りは該当しない、とあるのです。
(私の住んでいる州の規定をベースに探したので、州ごとに異なるかと)

書類はドイツ語のものだったので、私だけでは到底調べて探し出せるものではなかった & 印刷はしたけどBookmarkしてなかったので引用元がわからなくなってしまったのが申し訳ないのですが…

(※ 繰り返しますが、あくまでも州や街の役所の判断によるものですし、引用元があるからといって確実に私の情報が確かである証拠はないので、参考程度で読んでいただければ幸いです。)

じゃあどうするか?ということで考えたところ、私の業務内容のある項目は当てはまりました。

プログラミング講師です。

教師、講師は、フリーランスビザ 取得可能なカテゴリーであるとはっきり書いてあったので、エンジニアの職業名に加えて、プログラミング講師も含めました。

業務内容は、加入可能な保険にも左右するトピックなので、どのみちこれは調べておく必要があったのですが、上記の規定は役所も知らなかった感じの反応でした。

この規定が書かれた書類を初めて書類を受け取ってもらえた時に見せたら、結構役所の担当者はまじまじと読んでいました。
公的文書、公的な文面、決まりが書かれた書類を持っていくことや、きちんと初めて担当者に会う時にすでに必要書類を全て渡せるということは結構ポイントが高いです。
ここの役所の人も、電話をかけたり、オフィスの前で待っていない限り石みたいに動きませんが、尻を叩くとこちらの方がフリーランスビザに関しては知っている内容が多い & ビザが下りる可能性が高い証拠を突きつけられるので動きました。

Stuttgartの労働局もカテゴリー的には私はフリーランスビザを取得するに値する部類の業務内容で食べていけているので、NOではなく、不足している書類を出してくれたら再審査だったのかな、と。

はっきりそう言われていないので、想定でしかないですが、公的な文書にそう書かれているので、決まりは決まりなドイツでは反応的に私の街の役所とStuttgart労働局には少なからず何かしらの効力はあったかと思います。

理由3: WHビザ中の加入保険とこれから加入予定の保険

この理由に関しては収入額や、ビザが下りるカテゴリーの業務内容なのかどうかということに比べて、そこまで重視されていなかったように思いますが、毎回聞かれたのと、保険無くしてはここでは働けないので含めます。

ワーホリビザが切れる半年前から必要書類やアポをとったり、ドタキャンされたりで、実質書類を見初めてもらえたのはワーホリビザの切れる3ヶ月前からでした。

ワーホリにはCareConceptで来ていたので、申請当時はCareConceptです。

仮ビザの時はAOKなどの法的健康保険に入っていても、加入する条件として就労できるビザがあるかどうか聞かれかねないですし、加入できたとしてもビザが下りなければドイツに居ることはできないので、ビザが出るタイミングでAOKに切り替えを考えていました。

それまではCareConceptのケアエコノミーというプランで1日単位からの保険カバーでしのいでいました/います(これからAOKに加入するので)。

CareConceptに事情を説明してカバーできるプランを確認したところ、そう返事があったからです。

ワーホリビザがまだ有効だったフリーランスビザ申請時にも、規定をクリアしているCareConceptから入り、AOKに切り替えを考えていると伝えました。

ただそれだけでは「切り替えを考え中」であって、本当に行動に移すかは口先だけでは疑われるので、AOKの加入申し込み書類を記入したものを持って役所で見せました。

これはフリーランスビザ を出しますと言われた今日も「保険はどうしてますか?」という質問をまたされたので、働くために必要な項目として常にドイツの保険に加入していることを実物の書類を持っていくなどで見せれば説得力があるかと思いました。

まとめ

フリーランスビザ を1年とりあえず出しますとは言われましたが、一応まだビザが手元にないので気が抜けないということと、以下のことを私はこれから準備しなければいけません。

- 法的健康保険に加入して健康カードを次回のアポで見せる
- 税金番号を登録して、いつまでさかのぼって納税をすればいいのか、今までの納税額はいくらになるかチェック
- 講師としての仕事で得られる収入を極端に減らさない
- 月収を増やし、1日の業務時間と週の業務日数を減らす(できれば)

まだまだ落ち着きませんし、今度は1年後に更新できるかがかかっているので、確実に収入を今よりも増やさなければいけないプレッシャーはありますが、今回、申請開始してから1年未満でフリーランスビザ 取得という思わぬ成果が出たので、頑張りたいと思います。

そして忘れてはいけないのが、個人的な内容だけど、ここまでの手続きで役所に説得をしたり、必要な公的規定の書かれた文章を見つけてくれたり、弁護士に問い合わせてくれたり、労働局にも問い合わせを手伝ってくれたり、語学の面以上の助けになってくれたパートナーへの感謝。

彼の助けがなければ、私だけで頑張ろうとトライした、あのアポがドタキャン続きで3ヶ月待たされた期間ですでに諦めていたと思う。

移民や難民ばかりで、ドイツ人がほとんど出入りしない外国人局に外国人の私と行くのも、アジア人のほとんどいないこの地域で、とても周りからの目も気になっただろうに、いつもついて来てくれたことにも感謝。

仕事の合間をぬって、夜勤の合間もぬって根気強く電話し続けて役所の人を捕まえて説得して、とてもストレスフルだったと思う。
身内で残された時間が迫っている大切な人がいる中で、私のビザのためにほとんどのことを助けてくれて、本当に感謝しきれない。

恥ずかしいから、パートナーの読めない日本語で書くけど、ありがとう。

そして心配してくれたり、情報を提供してくれたり、人脈も紹介してくれた友達や知人にも本当にストレスを乗り切るために必要な助けの手を差し伸べてくれたことに感謝。

私だけでは絶対取得できなかったビザだと確信しています。

更新できるように今後も精進して行きます!

プログラマーとしても、フリーランスとしても飛躍できる年に来年はしたい。

なんだかいつもの技術系記事ではない雰囲気の記事ですが、私と同じように困っている方の参考に少しでも役立てれば嬉しいです。

では、ちゅーす

SHARE

Comments

  1. obake より:

    初めまして。

    東京でデザインおよび開発の会社を経営している岡崎と申します。
    まずは、フリーランスビザの取得おめでとうございます。

    Bitnamiのロゴの消し方を探していたらこちらのブログにたどり着いたのですが、私も再来年にベルリンへの移住を考えてるのでこちらの投稿は大変参考になりそうです。
    貴重な情報ありがとうございます!

    VISA取得直後でまだ落ち着かないかもしれませんがご健闘をお祈りしています!

    • ARISA ARISA より:

      岡崎さん

      先ほどはツイッターにてメッセージをありがとうございます!

      そしてビザ取得に関してのメッセージも嬉しいです:)

      ベルリンの事情は、私のいる地域ほど手探り状態ではないと思いますので、ベルリンの役所(外国人局)がwebページ上で公開している書式をダウンロードして申請を行えば、十分な収入とドイツ在住クライアントが最低2人いるのであれば、職業にもよりますが審査に通るのはそこまで難しいことではないと思います。

      Bitnamiのロゴの消し方の記事を参考にしていただいたのですね!ありがとうございます^^

      岡崎さんの移住がうまくいくことを願っています!

Leave a Comment

お名前、メールアドレスも必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

Check before you submit.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください